Photo撮影 R-DESIGN
●耐震構造

 

 

●高耐久性タイプ
  • 基礎(ベタCON)布はW=150RC造とし、コーナーハンチを設ける。
  • 床下換気口はパッキン方式(布部強化のため)
  • GSシステムの採用(プラットフォーム基礎システム)
  • 土台・大引きなど床組財は桧材を使用します。(105角以上)
  • 隅柱は120角以上の桧材、管柱を105角以上の桧材を使用
  • 胴差、桁、母屋、登梁、棟木などは杉材、桧材、マツ材などを使用
  • 大断面材のよる耐久性の強化
●高断熱タイプ
  • 熱損失係数Q値=2~3kal/㎡ hoc
  • 外張り工法の採用(基礎、外壁、屋根)変成イソシアスレートフォーム
  • ペア硝子(3×12×3)、樹脂サッシを採用(各メーカー)

●計画換気システム
  • 第3種換気空調システム(自然給気~機械換気)
  • 第1種換気空調システム(機械給気~機械換気)
●バリアフリータイプ
  • 老人、障害者用スロープシステム(車椅子)進入路設置間取りプラン
  • 動線上の手すりの設置、段差解消プラン
●合理化システム
  • GYS-40の採用により健康住宅、エコ建材を実現
    (工程の省略によるローコスト)
  • 危険工事の短縮、減少による安心感
●健康長寿タイプ
  • 輝発光性有機化合物質を追放 6物質に対応
    (ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン木材保存剤、可望材、防蟻材)
  • 天然素材の活用 合板の追放
    (食器収納庫、下着収納庫など)



●通気システム
  • 外壁通気道胴線は防腐処理済材を使用
  • 屋根排熱
  • 棟換気システムの採用
  • 躯体内通気システムの採用
●外張りシステム
  • 基礎~外壁~屋根の断熱性・耐久性・気密性の向上
  • 柱間の利用
●床暖房システム
  • 全床(1F)暖房 NHF方式でローコスト
  • 17度から20度で快適なし室内を確保
  • 結露、カビ、ダニ発生の防止
  • ヒートショックを防止

 

熟練技術者が不要
複雑な加工が少なく簡単にプレ加工・組み立てができます。
構造体の強化
耐震・耐久性に特化し従来型の数倍の強度を持っています。
20t以上の負荷にも耐えうる強度を持っており、
この数値は基準値の5倍に相当します。
建上工期の短縮化
共通部材で金具を差し込み固定する方法で
作業の手間を大幅にカットできます。
プレカットコストの低減化
従来型の耺人手間の1/3の低価格でローコスト
メーターモジュールに対応可能
規格寸法を最大利用でき資源の節約ができます。
高精度の確保
木痩せによるレベルの調整や、木口の隙間締め付けが可能で
GSJスパナを利用するとユーザーによる締め付けが簡単にできます。
機械工具などのコストダウン
スリット機、DPドリル、スライドのこなど、
機械工具が安価なため全体のコストダウンにつながります。
基礎の強化
RC構造のスラブ方式による耐震、耐久性の増大化により、
基礎の強化を実現できます、
床板の合理化
従来型モルタル天端ならしのモルタル痩せによるくるいを解消
床暖房システム
T&Gフローリング 厚さ40m/mの無垢(桧・杉)板使用
大空間の確保
増改築が容易に低価格ででき、ロフト・物置設置など
ライフスタイルに合わせた可変間仕切り(フリープラン)が可能です。